鉄筋コンクリート造りのメリット

日本の住宅の建築方法と特徴

日本の住宅の多くは木造モルタル建築が用いられています。建設費用を安く抑えることが出来る他、通気性に富んでいるのが特徴です。日本は一年のうちで湿気が多い時期が長いことから、居住性を向上させる目的で風通しが良く、吸湿性を持つ木材を住宅建材に用いるのが通例になっています。その一方で木造モルタル住宅は経年劣化による建材の傷みが進みやすい他、シロアリなど害虫の食害にも見舞われやすい欠点があります。特に築年数が長い建物は建材の傷みが著しく、反りや割れなどの損傷が大きくなりやすいことから大掛かりな補修作業が必要になるのが問題点です。そのため、近年では耐久性を重視した鉄筋コンクリート造りの住宅の需要が増加しています。

一般の住宅でコンクリート造りが支持される理由

鉄筋コンクリート造りの建物はマンションなど大型の建物では普通ですが、近年では小規模な住宅物件でも需要が増えています。鉄筋コンクリートは木材と比べてはるかに耐久性が高く、経年劣化もしにくいので建物が長持ちするのが大きな利点です。気密性にも富んでいる他、外気の影響を受けにくいのも木造モルタルには無い特徴です。一年を通して室内環境を安定させることが出来るため、快適な居住空間の維持が容易なことが一般の住宅で鉄筋コンクリート造りの物件が支持されている理由です。その反面、建築費用が割高になりやすいことや外観が無機質で周囲の景観に馴染みにくいなどの欠点もあることから、マイホームを鉄筋コンクリート造りで建てる場合は予算や立地環境を考慮して判断することを心がけます。