地元工務店のメリット

地元密着で培われた信頼度

知名度では大手のハウスメーカーにはかないませんが、地元工務店にとってはその分、地域での評判がすべてです。特に良い評判よりも、悪い噂というのは瞬く間に広がってしまいます。そのため、お客様との信頼関係を築き上げることが最も大切です。
地元工務店では、最初の相談から施工、引き渡し、アフターサービスに至るまでのすべてを、一人の担当者が請け負います。工務店で家を建てると取扱いメーカーや仕様・工法に特に制限がないので、自由度の高い家づくりが可能です。それだけに一人の担当者と何度も念入りにコミュニケーションが取れることは、トラブルも少なく、信頼関係が構築しやすくなります。
また地元の情報、その地域にふさわしい家づくりの提案も期待できるでしょう。
こうして満足のいく家づくりができると、その評判が評判を呼びます。それが手抜き工事などを防ぐ要因にもなって、地域での信頼が高まるのです。

低価格で実現する理想の家

大手ハウスメーカーに比べると、小規模経営で従業員が少ないです。またハウスメーカーは営業が主体で、実際の建物の施工は下請け会社に依頼するのが一般的ですが、工務店は当然のことながら自社施工なので、余計な人件費は掛かりません。また地元工務店は、全国の誰もが知っているようなCMを流すこともないので、広告宣伝費も抑えられます。またモデルハウスなども持たないので、維持費がかかりません。こうして削減された経費分が建築価格に反映され、同じ品質でも低価格で家を建てることが可能となります。
「安かろう、悪かろう」では、最初の話題で出た、地元での信頼度に傷がつきます。昔ながらの職人が多く働く地元工務店だからこそ、高品質で低価格の家が実現するのです。